HTML/CSS

【HTML】divとは?【結論: コードに区切りをあたえるもの】

HTMLを学習していて、「divって何だろう」という疑問をもったことはありませんか?

「div」というワードは、HTMLのコードを書く上で、必ず書く機会があるものです。

この記事では、HTMLのdivとその派生知識(SEOとの関連・spanとの比較)を解説していきます。

まず、divとは何か見ていきましょう。

【HTML】divとは?

まず、「div」はHTMLのタグの名前の一つです。

ここからは、「divタグ」の意味と、SEO(検索エンジン最適化)との関連について述べていきます。

divタグの役割

まず、divタグは以下のように書きます。

divタグは「コードに区切りをあたえるもので、それ以外の意味は特にない」です。

コードに区切りをあたえることで、区切った範囲にCSSを適用させることができます。

たとえば、下のようにCSSを適用させます。

<div id="block"></div>
#block{
  width: 50px;
  height: 50px;
  background-color: salmon;
}

divタグでコードを区切り、id属性や、class属性を与えることで、その範囲にCSSを適用させています。

id属性やclass属性に関しては、「【HTML/CSS】classとは?(具体的な使い方から使用上の注意まで解説)」でくわしく書いているので、チェックしてみてください。

HTMLのdivタグは「タグ自体に意味はなく、コードに区切りをあたえるもの」ということを覚えておきましょう。

divタグとSEO(検索エンジン最適化)

divタグのSEO(検索エンジン最適化)との関連について述べていきます。

まず、divタグ以外のタグを使える場合は、そちらを使いましょう。

そちらの方がSEO(検索エンジン最適化)に役立つからです。

さきほど、「divタグは区切りを入れるためのもので、タグ自体に特に意味はない」と述べました。

これに対し、意味をもつタグを使うと、Google検索エンジンのAIがコードの意味を理解できるようになります。

たとえば、以下のようなタグが意味をもつタグの例になります。

  • headerタグ
  • navタグ
  • footerタグ  

など…

ヘッダーをつくるときは、divタグを使うのではなく、headerタグを使うようにするとSEOに役立ちます。

意味をもつタグでコードを書くことをセマンティックなマークアップといったりもします。

補足として、意味のあるコードを使ってコーディングすると、単純にコードが見やすくなるというメリットもあります。

divタグ以外の、意味をもつタグを使える場合はそちらを使いましょう。

意味をもつタグを使う状況ではないときだけ、divタグを使うようにしましょう。

 divタグとspanタグとの違い

divタグと似たものとして、spanタグがあります。

spanタグは以下のように書きます。

spanタグに関してもdivタグ同様、区切りを示すだけでタグ自体に意味はありません。

ここからは、divタグとspanタグの違い、加えてspanタグの使い方を解説していきます。

divタグとspanタグとの違い

結論からいうと、divタグとspanタグの違いは、ブロック要素をつくるか、インライン要素をつくるかということです。

divタグとspanタグを使い分けることで、ブロック要素とインライン要素の区切りをつくることができます。

ここから、ブロック要素とインライン要素の特性を解説していきます。

簡単にいうと、ブロック要素は箱(内容を書くコンテナ)をつくるときに、インライン要素は文の途中で使います。

どういうことか、下の図におおまかなイメージを描きました。

ブロック要素は、文章やさらに小さいブロック要素を入れたりする要素になります。ブロック要素を連続して書くと改行がなされタテに並びます。また、ブロック要素の特性として、タテやヨコの長さを指定したりすることができます。

インライン要素は「inline(ラインの中)」というだけあって、文の途中に挿入される要素になります。インライン要素は、ブロック要素と異なり連続して書くと横に並びます。また、タテやヨコの長さを指定しても反映されません。CSSの「displayプロパティ」を「block」とするとブロック要素として扱えるようになります。

divタグはブロック要素、spanタグはインライン要素をつくるものだと覚えておきましょう。

spanタグの使い方

spanタグは、たとえば以下のように使います。

<p>今日は<span class="highlight">日曜日</span>です。</p>
.highlight{
  font-size: 25px;
  font-weight: bold;
}

出力すると以下のようになります。

spanタグはインライン要素なので、文の中で使用しました。

spanタグは、文の中で使うということを覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

HTMLのdivタグの理解が深まったことでしょう。

divタグは「コードに区切りをつくるもの」であるということを覚えておきましょう。

ただし、divタグは区切り以外の意味をもたないので、他のタグを使えるときはSEOのために意味をもつタグを使いましょう。

また、spanタグとの違いもおさえておきましょう。