Programming

HTML・CSSはプログラミングじゃない『javascriptに完敗』

こんにちはヨシキです。

今日は、「HTML・CSSはプログラミング言語ではない」という記事を書いていきたいと思います。

プログラミング初心者の方だと、プログラミング言語とマークアップ言語を混同してしまう方も多くいらっしゃいます。

私もその内の1人でした。

体験談に基づくとその後『Javascript』に討たれますので気を付けて下さい。

完全初心者がプログラミング学習で陥った罠

プログラミング初心者の方で、独学で進めていく方もスクールに通っている方も、恐らく一番最初に触る言語はHTML・CSSだと思います。

Webサイトを構築するにあたって、根本的な役割を果たす部分だからですね。

人間の体で例えるとHTMLが骨格でCSSが肉体と言った所でしょうか。

CSSを操ることによって見え方を変えるというのは『整形』でしょう。

その点においては、我々はIT業界の外科医なのかもしれませんし、無から有を産み出すという観点から言うと『神』なのかもしれません。

失敗しながらも突き進む

話が脱線してしまいました、戻しましょう。

まず、概念として改めてHTML・CSSを考えると『マークアップ言語』と名前が付いています。

言ってしまえばこの時点で「プログラミング」では無い。と、説明できてしまいますが

今回はその様な言葉の綾取りをする訳ではありません。

まずは、私が歩んできた軌跡をご紹介します。

徐々に基礎が分かってきて自信が付く

HTML・CSSというのは、恐らくIT関係の知識が全く0の状態からでも、習得する事のできる言語だと思います。

なので難易度的には全然低いにも関わらず、私は全くの初心者なので「これがプログラミングかぁ」などと真に受けていました。

CSSの中でもFlexboxといった位置配置や @media screen といったレスポンシブする為のコードを書いているうちに、なんとなくWebサイトを構築出来ていると思いました。

実際、理解は深まっているので問題は無かったのですが、取り組む姿勢としては『もうプログラマー』的な発想に陥っていましたね・・・。

そんな事もあり、順調な気持ちでjavascriptを学び始めると、大変な事になりました。

javascript登場『脳がパンクする』

はい、少し絶望しました。

今までやってきたHTML・CSSというのは、一体なんだったのだろう?

そう思えるほどに、段違いにレベルが上がり理解が全く追い付かなくなった事を覚えています。

それまでは、なぜここにclass=conteinarを設置するのかや、wrapperを配置するのか、CSSにはなぜそう書いてあるのか、理解できていました。

しかし、javascriptは性質が全く違う。

すなわち『今までの勉強はプログラミングじゃなかった』と思った訳です。

自信を喪失しかける

これまでに2か月間ほどを費やして、CSSでfloatやflexbox、メディアクエリーをいじってみたり、Bootstrapをいじってみたり、とても順調に思えていました。

しかし、マークアップ言語ではなくプログラミング言語に触れたとたんにこの様です。

正直、絶望に近い物を感じました。

誇張するわけでもなんでもなく、自分が進もうとしている道(フロントエンドエンジニア)の奥深さを知った時、全然先に進んでいないことに気付いてしまったからですね。

それこそ、JavascriptもそうですがjQuerもある。PHP、Ruby、Python、Golang・・・。

まだまだ知らない事が沢山あるので、私の目標がどれほど遠いのか見当もつかなくなってしまった瞬間でした。

まとめ『HTML・CSSはさらっと終わらせましょう』

少し嫌な気持ちになるかもしれませんが、HTML・CSSというのは、ポケモンに例えたらマサラタウンに出てくるポッポ位のレベルだと思ってください。

そう思う事によって、HTML・CSSで思った通りにやれたとしても、満足せずに先を目指す事が出来ます。

私は、どちらかというとCSSが分かってきた位から『ちょっと調子付いてしまったタイプ』なので、Javascriptと対峙したときは完敗しました。

フシギダネ VS イワークといった具合でしょうか。

なので、HTML・CSSをある程度終わらせたら、ささっとJavascript・jQuerに移って学習を進めていきましょう。

そこで絶望とか、根性を折ってしまう必要はありません。

なぜなら、イワークはゼニガメだと倒せるからです。