HTML/CSS

HTMLでのリンクの貼り方(リンクの分類とSEOとの関連も解説)

「HTMLでリンクを貼るにはどうしたらいいのだろう…。」といったお悩みはありませんか?

さきに言っておくと、リンクの貼り方自体は簡単なので安心してください。

この記事では、「HTMLでのリンクの貼り方」「リンクとSEO(検索エンジ最適化)の関連」を説明していきます。

それでは、まずリンクの貼り方を見ていきましょう。

HTMLでのリンクの貼り方

リンクの貼り方として、「基本的なリンクの貼り方」と「画像リンクの貼り方」の2つを説明していきます。

基本的なリンクの貼り方

まず、リンクを貼るためには「aタグ」を使います。

aは「anchor(アンカー)」の略です。anchorは英語で「(船の)イカリ」や「固定する」「据える」といった意味があります。

aタグの書き方は以下のようになります。

<a href=“◯◯”>これはリンクです</a>

aタグは「href属性」とともに使います。

href属性の値に、貼るリンクのURLを書きます。

※hrefは「Hypertext Reference(ハイパーテキストリファレンス)」の略です。

また、aタグの中に、リンクの文字を入れます。

さきほどは、説明の都合上「これはリンクです」と書きましたが、実際にリンクの文字を書くときは具体的に書きましょう。

リンクの文字が、「ここをクリック」などでは、ユーザー目線では何のリンクかわかりづらいです。

最新の記事に通じるリンクなら「最新の記事」と書いたり、商品紹介のページに通じるリンクなら「〇〇(商品名)の紹介」と具体的に書きましょう。

以上、リンクを貼る場合はaタグを使用するということでした。

画像リンクの貼り方

つづいて、画像リンクの貼り方です。

画像リンクとは、クリックしたときに指定したURLに飛ぶようにした画像のことです。

コードの書き方は以下のようになります。

<a href=“◯◯”><img src=“◯◯” alt=“”></a>

aタグの中に、画像を挿入する「imgタグ」を書いています。

※imgタグのsrc属性には、画像のファイル名or画像のURLを書きます。

画像リンクは、たまにつくることがあるので覚えておきましょう。

リンクの分類とSEO

ここからは、リンクの分類とSEO(検索エンジン最適化)の関連を説明していきます。

SEOは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、「Webページを検索結果の上位に表示するようにすること」です。

WebページのリンクはSEOと関連している部分があります。

その関連を「内部リンク」「外部リンク」「被リンク」の3つの分類からそれぞれ説明していきます。

内部リンク

内部リンクは、同じサイト内にあるページのリンクのことです。

内部リンクを貼ると、一つのサイトにおけるユーザーの滞在時間が延びて、SEO的に評価される可能性があります。

また、関連する内容のページのリンクを貼っていると、適切にリンクが貼っている良いページだと評価され、SEOにつながる場合があります。

さらに、内部リンクを貼ることで、同じサイトの別のページにユーザーを流すことができます。

そうすることで、アクセスが少ないページにアクセスを流すこともできます。

貼れるタイミングがある場合は内部リンクを貼っていきましょう。

外部リンク

つづいて、外部リンクです。

外部リンクは、他サイトのページのリンクになります。

適切に、関連性のあるページのリンクを貼ると、ユーザーにとって見やすく活用しやすいWebページになります。

そうすることで、結果的にSEOにつながる可能性があります。

外部リンクを貼る注意点としては、貼るリンク先のページの質をみるということです。

貼ったリンクのページの質が悪いものだと、自分のページの信頼性や信憑性が薄れるからです。

また、閲覧している人が困ってしまうということも考えられます。

SEOの観点で見ても、質の悪いリンクを貼ると、悪影響が出る可能性があります。

外部リンクは、他のサイトのリンクであるということと、リンク先のページの質を考える必要があるということを覚えておいてください。

被リンク

被リンクは、他サイトに貼られた自サイトにつながるリンクのことです。

たくさんリンク付けされているページは質が高いページであるとみなされ、SEOで良い方向にはたらく可能性があります。

ただし、質の低いサイトからリンクを貼られても評価されづらいです。

また、中身のないコピーサイトなどからリンク付けをたくさ受けたとしても、スパム扱いされてしまう可能性があります。

被リンクに関してもおさえておきましょう。

まとめ

ここまで、HTMLのリンクの貼り方とSEOとの関連をみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

リンクをつくる場合はaタグを使いましょう。

また、リンクの種類として、内部リンク、外部リンク、被リンクの3つの観点を覚えておきましょう。

今回の知識を活かして、リンクを適切に貼れるように実践してみてください。