HTML/CSS

【HTML/CSS】罫線(けいせん)の引き方(デザインの例まで解説)

HTMLとCSSでWebページをつくっていて、「罫(けい)線はどうやって引くのだろう?」と思ったことはありませんか?

Webページをつくっている中で、罫線(ヨコ線)を引く場面がたまにあります。

この記事では、罫線の引き方からデザインまで解説をしていきます。

それでは、罫線の基本的なつくり方をみていきましょう。

【HTML/CSS】罫線の引き方

HTML/CSSにおいて罫線の引き方は以下のように2通りあります。

  1. HTMLのhrタグを使う
  2. CSSのborderプロパティを使う

罫線を引く方法が、HTMLとCSSそれぞれ用意されているのがわかります。

まず、hrタグを使う方法から見ていきます。

hrタグで罫線を引く

「hr」は、「horizontal rule(水平方向の罫線)」の略です。

hrタグで罫線を引くコードは、例えば以下のように書きます。

<hr>

このコードを出力すると以下のようになります。

罫線が出現しました。

何も属性をつけないと、上のようにヨコいっぱいで、立体感を出す影のついた線が表示されます。

また、hrタグを使うときは、以下の属性を使うとよいでしょう。

  1. width
  2. size
  3. noshade

「width属性」は、罫線の長さを指定します。ただし、この長さに関しては、CSSのwidthプロパティでも指定することができます。

例えばこのように書きます。

<hr width="50%"> 

長さが何も指定しなかったときと異なっているのがわかります。

上記のコードでは「%」で長さを指定しましたが、「px(ピクセル)」でも指定することができます。

「50%」指定したので、デフォルトの長さの半分になりました。

次に、「size属性」です。size属性は、線の太さを変えるものです。

例えば以下のように指定します。

<hr size="10">

ここでは、sizeを「10」に指定したので太い線が表示されています。sizeの値は数字で入力してください。

さいごに、「noshade属性」です。これを使うことで、デフォルトでついている、立体感を生む線の影をなくすことができます。

<hr noshade="">

立体感を生む影がなくなったのがわかります。

borderプロパティで罫線を引く

つづいて、CSSのborderプロパティで罫線を引く方法について解説していきます。

例えば、コードは下のように書きます。

<div class="line"></div>
.line{
  border-top: 1px solid black;
}

罫線があらわれました。

「border-top: 1px solid black」と書きました。

1pxが「線の太さ」、solidが「実線」、blackの部分が「線の色」をあらわしています。

「border-top」としましたが、「border-bottom」でも横線を引くことはできます。

HTMLのブロック要素は箱のカタチをしています。なので、border-topだと箱の上の辺、border-bottomだと箱の下の辺に線を引くということになります。

罫線の色

よくある罫線としては、色の薄い線をみかけます。

濃い色の罫線だと目立ちすぎる上に、洗練されたイメージになりづらいためです。

例えば下のように色の薄い罫線をつくります。

<div class="line"></div>
.line{
  border-top: 1px solid lightgray;
}

上記コードでは「lightgray(明るい灰色)」という既存の薄い色を使用しました。

その他の方法として、透明度を使うことで色を薄くすることもできます。

そこで出てくるのが、「rgba値」です。

rが「red(赤)」、gが「green(緑)」、bが「blue(青)」、aが「alpha(透明度)」になります。

agba値は例えば、「agba(213, 50, 90, 0.5)」のように書きます。

rgbは0~216、aは0~1で指定します。aを0に近づけるほど透明になっていきます。

rbga値でコードを書くと例えば下のようになります。

<div class="line"></div>
.line{
  border-top: 8px solid rgba(3, 156, 3, 0.3);
}

出力すると以下のようになります。

ちなみに、a(透明度)を指定しないと以下のようになります。

罫線を引くときに薄い色にするのはおすすめです。

どんな場面で罫線を引くのか

ここからは、どんな場面で罫線を引くのか、簡単な例を挙げながら解説していきます。

結論からいうと、罫線はセクションを分けるとき、文同士を分けるときに使われます。

罫線を入れることで、どこまでがひとつのまとまりか理解しやすくなるためです。

例えばこういう風に使います。

<section></section>
<div class="line"></div>
<section></section>
<div class="line"></div>
<section></section>
section{
  width: 150px;
  height: 100px;
  margin: 0 auto;
  background-color: lightskyblue;
}
.line{
  border-top: 1px solid lightgray;
  width: 175px;
  margin: 7px auto;
}

セクションのかたまりの間に線を入れることで、一つ一つのセクションをしっかり区切ることができます。

他には、文同士を区切る場面で使います。例えば下のように使います。

<p>ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。</p>
<div class="line"></div>
<p>ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。</p>
<div class="line"></div>
<p>ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。</p><div class="line"></div>
<p>ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。</p>
<div class="line"></div>
<p>ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。</p>
.line{
  border-top: 1px solid rgb(187, 205, 216);
  width: 700px;
  margin-top: 7px;
  margin-bottom: 7px;
}

上に例を挙げたように、罫線はセクションや文を分けるときに使いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

HTMLとCSSでの罫線の引き方についての理解が深まったことでしょう。

罫線の引き方としては、HTMLのhrタグを使う方法と、CSSのborderプロパティを使う方法の2種類があることがわかりました。

また、罫線を引くときは、周りのデザインとの調和を考えて、長さや色を決めましょう。

今回の知識が、Webページをつくる際に役立てば幸いです。