プログラミングスクール

【2021年最新】プログラミングスクールのおすすめ厳選3選・タイプ別で解説

この記事では、現役エンジニアである当サイトの管理人がおすすめするプログラミングスクール3選をご紹介します。

近年ではIT人材が深刻な人手不足で、WebサイトやWebアプリを開発できる「プログラマー」の需要がとても強くなっています。更に、プログラマーは高収入で高待遇な職業でありながら国家資格などは必要なく、プログラミングの技術を身につけることで誰でも転職することが可能です。

また、リモートワークといった在宅で仕事をする新しい働き方が日本に浸透して来ています。プログラマーであればPC環境があれば仕事ができることから、海外や地方にいながら仕事を請ける事ができるなど、今までは考えられなかった自由な働き方に大きな注目を集めています。

今回は独学で限界を感じてしまった方や、できるだけ早くプログラマーへ転職したい方、支払ったお金が無駄にならないおすすめのプログラミングスクールを紹介します。

すぐにおすすめのプログラミングスクールを知りたい方はこちらからどうぞ。

プログラミングスクールをおすすめする3つの理由

私はプログラミングスクールへ通う事で、独学では得られないメリットが3つあると考えています。

  • プログラミングを体系的に学ぶ事ができる
  • 同じ目標を持った友達や講師と、繋がりを持つ事ができる
  • 実際にお金を支払うので、諦めない決心が付く

プログラマーになってWebサイトやWebシステムを開発する事は簡単ではありませんが、沢山の時間をかけることで少しずつ上達していくものです。

しかしそのための環境というのは、なかなか個人では作り上げる事は出来ません。

プログラミングスクールといった「既に完成されている環境」を利用する事で、プログラミングを学ぶ心理障壁を下げる事ができます。プログラマーとして仕事をできるようになった頃には個人で稼ぐことのできる大きなスキルが身に付いている事でしょう。

プログラミングスクールでは体系的にカリキュラムを学べる

プログラミングを独学すると、必ず1度は「道筋」を失います。

どの順序で学習すれば良いか。また、どの密度まで学習すれば良いかが分からなくなります。その結果、実務で必要ではない知識まで覚えようとしていたり、逆にとても重要な知識を見逃してしまう事があります。

限られている時間の中で、効率よく学習できなければ重大なデメリットがあります。

  • 転職までの時間が多くかかってしまう
  • 独学の辛さに耐えられなくなる

ただ時間がかかるだけではなく、それに比例して挫折する確率も上がるという事ですね。

その点、プログラミングスクールへ通えば「体系的なカリキュラム」を受講する事ができるため、仕事が終わった後の時間や隙間時間を使って、効率的・有効的にプログラミングの学習を行う事ができます。

この「体系的なカリキュラム」は独学で見つけるには非常に難しいです。大抵の答えはGoogle検索で探し出せますが、その情報は「断片的」であるため、意味を理解するための周辺知識まで補足できていません。

そこでまた分からない事をGoogle検索して情報を整理するわけですが、駆け出しの頃は「何が分からないか分からない」状態なので、自力で全てを解決する事は困難です。

教材にゴールが決められているのであれば「道筋」を失う事はありませんね。

一緒に学習している仲間がいると、自分も頑張れる

プログラミングを学ぶ際に、一緒に学んでいける仲間がいないと続ける事が難しくなってきます。

私たちは今まで小中高大といった集団で常に学習を行ってきたはずです。勉強で分からない箇所は先生や友達に聞き、教科テストの点数を周りと競い合う事で少なからずモチベーションを保つ事ができていました。

しかしプログラミングを学び始めたとき、大抵の場合は1人からスタートします。

運良く同時期に学習を進めている友達を見つけても、恐らくすぐに学習を辞めてしまって1人に戻ってしまうでしょう。それくらい、プログラミングの独学は強い信念が必要なものです。

プログラミングスクールに学びにくる方は「本気でプログラマーを目指して飛び込んでくる方達」であるため、学ぶモチベーションが高い方同士で学習を続ける事で、転職を成功させる可能性は非常に高くなるでしょう。

プログラミングスクールへお金を払う事で、覚悟が決まる

プログラミングスクールの料金は決して安くありません。

月々にして1万円以上である事が多いため、負担としてはそれなりに感じる事でしょう。

しかし、それくらいの負荷をかける事で「絶対にやりきるぞ」という気持ちが生まれます。無料の教材に多くの時間を消耗し、結果的に挫折までして元の生活に戻るくらいであれば「やらない方が良かった」ですよね。

どうせやると決めたのであれば「料金を支払ってでも、最後まで続けてプログラマーに転職する」方が結果的に年収面やスキル面で、得られるものは多いはずです。

支払う金額は決して安くはないですが、短期的な考えではなく人生単位の長期的な5年〜10年を考えられる事ができれば、非常に有効な自己投資になる事は理解できると思います。

プログラミングスクールへ投資しても「メリット」は回収できる

プログラマーへ転職する事で得られるメリットは、プログラミングスクールへの投資を上回ると思います。

というのも、近年は世界的に高度IT化が進んでおり、基本的なITリテラシーがどの業界・分野でも求められるようになってきました。例えばZOOMなどのビデオ会議が一般化しましたね。

IT化に対するニーズは非常に強く、今までガラパゴス化していた日本中の企業がIT分野に資本を投資してWebシステムを開発しています。

そのため、IT業界にはたくさんの投資金額が流れ込んできており、プログラマーとして転職した後は比較的高収入を目指す事が可能です。数年のスパンでプログラミングスクールへの投資金額を回収している転職者も少なくありません。

いまITリテラシーを高められた人と高めなかった人では、将来大きな収入格差を生む事が予想されます。

更に、プログラマーとして転職した場合得られるメリットは「収入以外」にもあります。

  • リモートワークの恩恵
  • ITリテラシーの向上
  • 働き方の自由化

パソコン1つで仕事をする事が可能になるため、従来の仕事方法とは違った環境で仕事ができる様になります。また、ITリテラシーが向上するため、世の中の便利なツールや大事な情報などのキャッチアップが得意になります。

英語ベースの情報を仕入れるのに抵抗がなくなるため、日本語でしかリサーチしない方達と比べて英語文献での情報収集は大きなアドバンテージとなるでしょう。

これらはプログラマー転職で得られる、副次的なメリットだと思います。

プログラマーの平均年収

プログラマーの平均年収についてですが、求人ボックス調べでITエンジニアの年収は498万円と掲載されていました。こちらは平均なので、もちろん居住地区や所属している会社によって変動するので参考にしてみてください。

国税庁で発表されている日本の平均年収が461万円なので、平均年収よりも高い水準である事がわかります。

更に、プロジェクトに携わるにつれて、キャリアアップとして見えてくるのはプロジェクトマネージャーやITコンサル・またはCTO(最高技術責任者)といった役職になってくるかと思います。

求人ボックス調べではプロジェクトマネージャーの平均年収は618万円、ITコンサルは647万円、indeed調べではCTOは768万円という、平均年収461万円を大きく上回った年収を掲示しています。

異業種からのプログラミングスクールに通ってプログラマー転職がなぜ人気なのか、具体的な年収の数字がわかると納得していただけると思います。長期的な目線で考えると、高年収の可能性があるIT業界への転職はこれからもまだまだ人気であり続ける事でしょう。

フリーランスの平均単価

IT業界でフリーランスとして仕事を受注する際に、レバテックという大手企業があります。

ホームページによると、レバテックに登録しているフリーランスエンジニアの平均年収は862万円という高水準を掲示しています。

実際には、フリーランスエンジニアとして独立するにはある程度の開発経験が必要になってくるのですが、レバテックでは現在のスキル感でいくらの案件を受注できるか、目安として試算する事ができます。

今回はRubyといったプログラミング言語を1-2年経験した場合、月単価がいくらになるか試算したところ53万円という事で、年収としては636万円という事が分かりました。

もちろん、個人事業主として業務委託契約を結ぶので、会社に雇用されるよりも「安定」はしていませんが、1つの目安としてプログラマーに転職する事でどういった生活になるか、想像していただけると思います。

転職活動のサポート

多くのプログラミングスクールは、ただプログラムを学ぶだけではなく、実際に転職を成功させる所までサポートしています。そのため、本来の目的である「プログラマーに転職する」を達成させるために様々なサポートを受ける事ができます。

基本的には、プログラミングスクールが用意したカリキュラムを学習・最後までやり切る事で、スキルを学ぶ事が大前提となります。

その後、プログラミングスクールが提携しているIT企業に紹介を受けたり、スクールに在籍しているメンターからアドバイスをもらう事ができます。

プログラミングを学び始めた時点で、業界知識もほとんどない中で色々と相談にのってくれる存在は非常に大きいと思いますし、「プログラミングは学んだけど転職出来ない」という非常にもったいない結果を防ぐ事ができると思いますので、プログラミングスクールへ通う方は是非こういったサービスも活用しましょう。

プログラミングスクールをおすすめしない方

プログラミングスクールは誰にでもおすすめできるものではないので、その説明もしておきたいと思います。

まず前提として、結構難しいとは思いますがプログラミングスクールへ通わなくても、技術を身につける事ができればプログラマーへ転職する事ができます。

それをふまえて、プログラミングスクールへ通うことをおすすめしないタイプを紹介します。

  • 独学でも挫折しない
  • 金銭的にプログラミングスクールへ通う事が難しい
  • プログラマーへ転職を考えていない

こちらを説明していきます。

時間があって独学でも問題なく学習できる方

プログラミングスクールは、限られた時間の中で効率的にカリキュラムを進める事ができる点で非常に優れています。なので、仕事が忙しい社会人の方や、効率的に勉強を進めていきたい方にとってプログラミングスクールはとても効果的です。

しかし、例えば現在学生で時間がたっぷりある方や、腰を据えて2〜3年を見越してプログラミングを独学しようと思っている方にとって、プログラミングスクールのメリットはそこまで大きくありません。

とことん時間をかける事ができるのであれば、基本的にはGoogle検索で情報を取得する事ができるため、そういった苦労や手間をむしろ楽しみたい!といった方は独学で進めていくのが良いでしょう。

その場合はMacBookやキーボード、ディスプレイなどの周辺機器などをあらかじめ揃えておくと良いかと思います。

お金に余裕がない方

現状の年収を上げるために投資するのであれば良いですが、プログラミングスクールの支払い代金で日々の生活が脅かされてしまう様であれば、私はプログラミングスクールへ通う事はおすすめしていません。

と言いますのも、当たり前の話ですがプログラミングスクールへ通ったからといって本人が努力するのを怠れば、プログラマーへの転職はできません。と言う事は、プログラミングスクールへ通っても少なからず「挫折」の可能性は残っているわけです。

もちろん、最初から挫折するつもりでプログラミングの学習を始める方はいないと思いますが、挫折してしまうのが怖いなとリスクを感じる方であれば「問題ない範囲内」でプログラミングスクールの検討をするべきだと思います。

プログラマーを目指していない方

プログラミングを学ぶ事で、趣味のWebサービスを作りたい。興味があるからやってみたい。という方には、プログラミングスクールに通うまでの必要性はないのかなと感じています。

もちろん、趣味の範囲でも現役のエンジニアに教えてもらう事で非常に高いレベルにまで持っていく事は可能になりますが、仕事にしない以上はどうしても支払う金額に対してリターンが少ない様に感じます。

ただ、WordPressやランディングページの作成といった「Web制作の副業で案件を受注したい」と考えている場合であればプログラミングスクールは効果的です。

プログラミングは高度なIT知識・スキルを必要としますが、WordPressといったWeb制作分野であれば初心者からでもある程度までは学習する事ができます。最初は難しいと感じる方が多いと思いますので、初期の段階ではプログラミングスクールを使用して、さくっとスキルを身に付ける事はおすすめです。

「厳選」プログラミングスクール3選(タイプ別で紹介)

テックキャンプ

引用:テックキャンプ

テックキャンプは、全国に教室を展開しているプログラミングスクールです。通える範囲に教室がある場合は、実際に学習をしている人たちと一緒に学習する事ができます。※2021年9月現在ではコロナウイルスの影響により「オンライン講座のみ」となっているようです。

学べる内容としては「HTML」「CSS」「JavaScript」「Ruby」「Ruby on Rails」「SQL」「GitHub」「AWS」といったところです。

なので、フロントエンドからバックエンド、インフラまで実際のWebアプリ制作を通じて網羅的に学ぶ事ができます。

現場レベルとしても、GitHubを用いたコード管理・レビューは最低限必要なスキルにはなります。テックキャンプではWebアプリ開発だけではなく、チーム開発の基本から押させる事ができるの点がおすすめです。

また、テックキャンプは国の経産省が認定した講座ということもあり、条件を満たす事ができれば最大で70%OFFで受講する事ができます。

無料でカウンセリングを受ける事が出来るため、興味のある方は予約をしてみましょう。

今すぐ無料カウンセリグを受ける

コードキャンプ

引用:コードキャンプ

コードキャンプは、テックキャンプに比べて割安な料金でプログラミングを学ぶ事ができるスクールです。

学べる内容としては「HTML」「CSS」「JavaScript」「PHP」「Laravel」「GitHub」「Docker」となっています。

テックキャンプでは「Ruby」「Ruby on Rails」を学ぶのに対して、コードキャンプでは「PHP」「Laravel」を学ぶカリキュラムになっています。

言語によって出来るWebアプリの差はほぼないのですが、実際にはRubyを使用した開発は都内が多く、PHPは都内でも地方でもよく使用されている言語という背景があります。

なので、コードキャンプは地方で転職を目指される方にはおすすめなスクールとなっています。

コードキャンプも無料カウンセリングを行っています。

無料カウンセリング受ける

デイトラ

引用:デイトラ

デイトラは、Web制作を中心として、WebデザインやWebマーケティング、動画編集など複数のカリキュラムを用意しているプログラミングスクールです。

また、教師陣は元フリーランスという構成でまとまっている所も特徴的で、Web制作やWebデザインで副業をしたいという方におすすめなプログラミングスクールとなっています。メンターサポートが1年という長い期間付与されている点も嬉しいですね。

複数のカリキュラムがある中から、自分にはどのカリキュラムが合っているかを無料で相談する事ができます。

デイトラを詳しくみる

まとめ|自分にあったプログラミングスクールを選ぼう

今回、おすすめのプログラミングスクールを紹介させて頂きました。

どのスクールも無料でカウンセリングをしているので、プログラマーへの転職を考えている方は一度相談してみて、自分に合っているスクールなのか確認した方が良いと思います。

なお、プログラミングは一朝一夕で学べるスキルではないので、プログラミングスクールに通うにせよ、ある程度まとまった期間頑張る必要があります。

頑張っていきましょう!