Programming

Swiftの未来について考える『progateで終了』

9/25にprogateから「Swiftのコース受講を10/31に終了する」という下記のメールが届きました。

いつもProgateをご利用いただき、誠にありがとうございます。 2019年10月31日をもって「Swift」コースの提供を終了することになりましたのでお知らせいたします。

なぜ、Swiftコースの受講を終了する事になってしまったのでしょうか。

リサーチしていくと、Swiftの輝かしい経歴から、現在の姿まで浮き彫りになりました。技術の進歩を背景に、身をもって物語っているのではないでしょうか。

Swiftとは?

Swiftとは、Apple社が2014年に開発したプログラミング言語です。執筆現在が2019年なので、まだ発表から5年しか経っていないので新しい言語ですね。

Apple社が開発した事もあって、 iPhoneやiPad、もしくはMacパソコン向けのアプリを開発することができます。 要は MacOSとiOS に対応している、という事です。

よって、Swiftを扱っている会社や勉強しているというのは、Iphoneユーザーに対して商売を仕掛けているという事になります。

以上の点を踏まえておくと『Swiftコース受講終了』の理由が分かるかもしれません。

日本にIphoneがまみれていた頃は『最強』

Iphoneは日本という国の中で、とても大きなシェア率を誇っていました。

2017年だと約70%の日本人スマホユーザーがIphoneユーザーだと統計も出ています。

Andoroidを作成している会社は多数あるなかで、iOSを作成している会社はAppleだけですが、驚愕的な勢いで浸透して行った過去があったのですね。

経済大国である日本では、大手三大キャリアの促進販売もかねて格好いいIphoneを爆買いした訳ですね。

2018年 Andoroidにシェア率を奪われる

しかし、2018年になって変化が現れます。

約70%のシェア率が40%台へと低下してしまい、Andoroidにシェア率を奪われてしまったのです。

ここでシェア率が下がってしまった要因ですが、基本的にIphoneの価格が高くなってきて、日本人にとって高級品になってしまったのかなと思います。

様々な要因はあるでしょうが、僕としては正直価格なのかなと思いました。

しかし、そうは言ってもシェア率40%台であるIphoneユーザーの市場はかなり巨大です。縮小はしたものの、Swiftの未来は明るい。

そう私は思っていました。

XamarinあればiOSアプリ作れちゃう事件

Xamarin(ザマリン)とは、Microsoft社が運営する Visual Studioで利用可能な環境開発プラットホームです。

これが一体なんなのかというと『Xamarinを使うとAndoroidとIOS、どっちのアプリ作れる』という凄く便利な機能を持っています。

今までSwift言語を使うしかなかったIOSアプリ開発に、新たな手法『Xamarin』が加わった。更に『Xamarin』ではAndoroidアプリ開発も出来る。

要するにXamarinを利用すればどっちのポジションにもなれるよねっていう話なんです。

Swift言語の存在意義みたいなものが失われてきているという、非情な実態が浮かび上がってきました。

Swiftの需要はまだまだある

しかし、そうは言ってもSwiftの需要は現段階では低いとは言えないでしょう。

というのも、2014年に生まれた言語なので基本的にエキスパートが足りてない問題があります。

さらに、Swiftで開発されたアプリについてはXamarinを利用出来ませんのでSwift言語を使います。

Swift言語の全体的な需要は低くなってしまったが、レベルの高い開発が出来る人が求められるようになったと言えます。

まとめ『学ぶ必要性は0』である

もう既にSwift言語を学んでいて、開発も出来るという方を除いて、これから新たにSwiftを学ぶ必要性というのは『0』であると感じました。

もちろん、様々な言語を扱えるようになり全方位に対応できるプログラマーの需要は高いですが、学習にあてられる時間は有限です。

しかし、それに対して学習する分野は『ほぼ無限に存在』していると思うので、自分がどこを集中してエキスパートになるのかを考えたときに

これからSwift言語を学ぶのは可能性として無いと思いました。

しかし、今回の『Swift弱体化事件』は今後の発展の縮図だと思っています。

今使っている様々な言語たちも、ゆくゆくは使えなくなってしまうのでしょう・・・。モミにモマれて、生き残る言語とはいったいなんなのでしょうか。

聖杯探しは続きます。