Programming

ブログ記事にTwitterのツイート埋め込みでページ表示速度が下がった時に行う対処法

こんにちは、ヨシキです。

今回はブログやWebサイトにTwitterのツイートを埋め込んだ際に起きるページ表示速度の低下について記事を書いていきます。

ツイートの埋め込み方法は2通りある

ツイートを埋め込むには2通りの方法があるので、まずはそちらについて説明して行きます。

  • ツイートのリンクをコピーして貼り付ける方法

ツイートのリンクをコピーをクリックする。

そしたらWordpressを開いて、記事投稿画面を開き、Twitter埋め込みを選択します。

そうする事でツイートが記事内に埋め込まれます。

【結論こっちを選択】ツイートを埋め込む方法

  • ツイートを埋め込む方法

ツイートを埋め込むをクリックすると別のサイトに飛びます。

クリップボードにHTMLがコピーされました。

そうしたらWordpressの投稿記事を開きましょう。

HTMLを貼り付けたら、プレビューを確認します。

この様に表示されていれば、埋め込みは完成となります。

ここから2つ目以降、ツイートを埋め込む場合はjavascriptの設定を変える事でページ表示速度の高速化をする事が出来ます。

こちらの青くなっている部分を消します

このscriptはTwitterのツイートとして反映させるためのプログラムなので、一番初めのツイートのみに設定されていれば良いものになります。

scriptを消したほうのツイートも問題なく表示されています。

ページ表示速度はSEOや満足度に大きく関わってくる所なので、一度確認してみると良いでしょう。