WordPress

WordPressを運用する上で必要な費用を解説【ランニングコスト含む】

WordPress自体の利用は無料

WordPress自体は無料で使用可能なCMSです。WordPressをローカル環境上で作動させたり、無料レンタルサーバーで動かすだけならば、費用はかかりません。つまり、システムを使うだけであれば、イニシャルコスト、ランニングコストともにかかりません。

しかし、WordPressで作ったサイトを公開する上では必要な費用があります。サーバー、ドメイン、テーマ、プラグインといったWordPressをWeb上で公開したり、サイトのデザインやSEO対策のために必要です。

WordPressを運用するための費用

レンタルサーバー

Web上にWordPressで作ったサイトを公開するためにはサーバーとドメインが必要です。サーバーはエックスサーバーやmixhostといったレンタルサーバーを利用することがほとんどだと思います。

レンタルサーバーであれば、初期費用+月額利用料がかかります。初期費用については無料のところがありますが、月額費用は数百円~数千円/月です。WordPressが使える無料のレンタルサーバーもありますが、セキュリティや機能面であまりおすすめしません。

WordPressの使える無料のレンタルサーバーに興味がある方は下の記事を参考にしてください。

【初心者向け】WordPressを使える無料のレンタルサーバーを紹介

ドメイン

ドメインとはインターネット上の住所のようなものです。WordPressで作ったサイトを公開する場所を取得しなければいけません。レンタルサーバーを利用すればドメインが利用可能になる場合もあるので、レンタルサーバーの費用と合算する場合もあります。

ただし、ドメインはSEOにおいて重要な役割を持っています。集客のためには独自ドメインを取得し、使い続けることが大切です。

初期費用を抑えたい場合は、無理に独自ドメインを取得せず、レンタルサーバーで利用できるものでもいいと思います。最終的には独自ドメインを取得することも頭の片隅においておくことをおすすめします。

テーマ

WordPressのテーマとはWebサイトの機能やレイアウトを決定するものです。WordPressをインストールした時点で3つほどテーマがあります。しかし、SEO対策や自分の使いやすさ、サイトの雰囲気を作るためには別にテーマが必要です。

テーマはWebサイト上で公開、販売されています。無料で提供されている「lightning」や「Cocoon」があります。しかし、高機能でSEO対策が十分なものが良い場合は有料のテーマを購入することをおすすめします。

下におすすめのテーマを紹介している記事を載せていますので、参考にしてみてください。

【初心者必見】WordPressでテーマをインストールする方法を解説

テーマはHTML/CSS、JavaScript、PHPを理解していれば、自作することもできます。

プラグイン

プラグインはWordPressに機能を追加するためのプログラムです。SEO対策をしたり、セキュリティを強化することが可能です。無料で使えるものも多いですが、高機能なものであれば、有料になるプラグインもあります。

特にSEO対策となるプラグインだと1万円以上かかるものもあります。テーマだけでは不十分な機能をプラグインを使うことで、より一層使いやすく、効果的なWebサイトを作ることができます。

WordPressでテーマを制作する費用

外注する

オリジナルテーマの制作を外注すると10万円~70万円ほどの費用がかかります。Web上で公開されているテーマでは自由度が低く、自分の思い描いているサイトには合わない場合は、オリジナルのテーマを作る必要があります。

オリジナルテーマはいわば特注品となるので、Web上のテーマより高くなります。しかし、自分の思い描くサイトを作れることが大きなメリットです。

外注を安くしたい場合は、クラウドソーシングを使うことがおすすめです。ただし、スキルがワーカーによって違うので、高スキルを持った人をいかに安く見つけられるかがポイントです。

自作することで費用を抑えることが可能

オリジナルテーマが欲しいけど、外注するだけの費用をかけれないという人は自作することをおすすめします。学習費用として、1万円~2万円ほどかかりますが、外注するよりは低コストでできます。自分でサイトの改修ができるため、少し便利が悪いと思えばすぐに対象できます。

自作する場合、知識がなければ、勉強してから、制作に係る必要があるため、最短でも2ヶ月ほどかかるのがデメリットです。

しかし、スキルを身につければWebサイトの制作をクラウドソーシングやココナラで受注すれば、副収入にもなります。

まとめ

WordPressでWebサイトを運用する上で必要な経費をまとめます。

・絶対に必要

①レンタルサーバー:数百円~数千円/月+初期費用

②ドメイン:数十円~数千円/年

・有料で高品質を求める(無料もあり)

③テーマ:約1万円~2万円

④プラグイン:数千円から数万円

・オリジナルテーマの作製

⑤外注:10万円から50万円(機能やページ数にもよる)

費用を最小に押さえるならば、無料テーマとプラグインを使ってレンタルサーバー代のみでやることもできます。しかし、無料のテーマではSEO対策が不十分な面もあります。

コストをできる限り押さえて、SEOもきっちり対策したいのであれば、自作でテーマを作ることをおすすめします。