WordPress

WordPressで固定ページのテンプレートを作成する方法を解説

WordPressでの固定ページとは企業情報やお問い合わせなどの単体のページに利用されます。投稿ページとは異なり、投稿一覧には表示されません。投稿ページとは別に発信したい情報がある場合によく使用されます。

コーポレートサイトをWordPressで作成する場合には固定ページをいくつか用意します。また、ブログでも自己紹介でも使います。本記事では、WordPressで固定ページのテンプレートを作成する方法を解説します。

固定ページと投稿ページの違い

WordPressには固定ページと投稿ページがあります。投稿ページはブログの記事のようにRSS配信(時系列の保存)があったり、カテゴリー連動があります。他にもトップページとの連携が自動です。投稿ページはブログや新着情報の表示に利用されます。

一方、固定ページはRSS配信やカテゴリーの連動、トップページの自動連係がありません。ページとして独立しているというイメージを持っていただいてもいいと思います。そのため、固定ページは投稿ページとは全く違うレイアウトを作ることができます。

固定ページはお問い合わせや会社紹介、ランディングページなどカテゴリーに属さないページを作ることに利用されます。個人ブログでは固定ページを使う機会は少ないかもしれませんが、コーポレートサイトを作ったり、商材の販売サイトを作る際にはほとんど必要になってくるので、固定ページの作り方を覚えておくことをおすすめします。

WordPressで固定ページのテンプレートを作成する

page.phpを作る

固定ページのテンプレートとなるphpファイルを作ります。固定ページはpage.phpとテンプレート階層によって決められています。idやスラッグを使って表記する場合はpage-(id or slug).phpで表記します。

page.phpを固定ページのテンプレートにするためには以下のコードを必ず書きましょう。もし、書いていなければテンプレート選択ができません。

<?php
  /*
  Template Name: (ページ名)
  */
?>

Template Nameの(ページ名)のところにはテンプレートの名前を入れましょう。上記コードの後からページを作るためのhtmlやphpを書いていきましょう。

テーマフォルダにアップロードする

作成したファイルはフォルダツリーの中に入れます。入れる場所は/wp-content/themesの直下に入れましょう。もし、テーマを作っている場合、そのテーマの中に入れても構いません。フォルダの中に入れたら、ダッシュボードにアップロードされたか確認します。

固定ページの編集画面で右側のメニューにテンプレートという選択ボックスが出てきて、作ったテンプレート名で選択できれば成功です。

WordPressの固定ページとは

WordPressにおける固定ページとは単体ページを作成する機能です。ページ単体で完結できるような内容を作成するのに向いています。企業情報やトップページ、ランディングページは固定ページで作成するケースが多いです。

固定ページを利用することでページごとにテンプレートを作成したり、以前に作成したものを選ぶことができます。しかし、固定ページは投稿一覧に表示されないので、自分でメニューバーを作る必要があります。

固定ページは基本的にsingle.phpで表示されます。スラッグやidをつけることで優先順位を入れ替えることができます。テンプレートファイルの優先順位はcustomname.php⇒page-slug.php⇒page-id.php⇒page.php⇒index.phpの順になります。

固定ページを作るメリット

固定ページを作るメリットは投稿とは独立したページを作成できるという点です。投稿ページは時系列やカテゴリ分けされています。しかし、固定ページは独立しているため、投稿の影響を受けません。

独立したページであるため、投稿ページとは違うテンプレートを作ることができます。例えば、ランディングページで商品を紹介したい場合は、ユーザーの目を引くデザインにしたい、お問い合わせページはフォームだけのシンプルなページにしたい、などページに合わせたテンプレートが用意できます。

ブログサイトではあまり感じないかもしれませんが、コーポレートサイトなどを作るときは大変役に立ちます。

まとめ

WordPressで固定ページのテンプレートをを作る方法を紹介しました。固定ページはWeb制作の案件では独自にテンプレートを用意することが多いのでぜひ覚えておきたいスキルです。WordPressを使ったコーポレートサイトが増えてきているので需要も多いです。

WordPressは投稿ページが利用しやすいので、注目されています。しかし、固定ページをしっかり作ることで、充実したサイトを作れます。ぜひ、固定ページのテンプレートの作成方法を覚えて、ユーザーに注目されるサイトを作成することをおすすめします。

初めは難しく感じるかもしれませんが、作成している内に理解できます。無料のレンタルサーバーでWordPressが導入できるものもあるので、そちらで試してみることをおすすめします。