初心者必見!WordPressの初期費用を抑える無料テーマ4選

初心者必見!WordPressの初期費用を抑える無料テーマ4選
初心者必見!WordPressの初期費用を抑える無料テーマ4選

WordPressのテーマとはwebサイト全体のテンプレートを指します。外観だけでなく、機能もテーマに含まれます。WordPressのテーマを使う方法は2パターンです。「自分で作る」と「Web上に公開されているテーマを使う」の二種類です。

自分で作るとHTML、CSS、JavaScript、PHPなどプログラミングの知識が必要になります。プログラミングのスキルは一朝一夕では習得できません。そのため、初心者の方にはWeb上に公開されているテーマを使うのがおすすめです。テーマには有料と無料のものがあります。

本記事では初期費用を抑えるためにWeb上に公開されているおすすめの無料のテーマを紹介します。

WordPressでおすすめの無料テーマ4選

Cocoon

WordPressの無料テーマと言えばCocoonは外せません。機能、デザイン性、初心者でも使いやすいなど、有料でもおかしくないくらいの機能を兼ね備えています。どんなサイトにでも対応できるため、万能型の無料テーマです。

無料テーマでWordPressのサイトを運営すると決めたら、まず候補にいれておくべきテーマだと思います。特に、ブログサイトを作る場合はCocoonが著者の一番おすすめです。

Cocoon

Lightning

Ligntningはシンプルなデザインのサイトを作るのにおすすめのテーマです。シンプルですが、プラグインを使うことで機能性を上げることができます。プラグインも使いやすいため、初心者でも簡単に高機能なサイトに作り上げれます。

外観はシンプルで、中身は高機能はサイトを作りたい方はLightningがおすすめです。特にコーポレートサイトを作るのであればLightningがいいと思います。

lightning

Xeory

XeoryはWebマーケティングの情報発信をしている「バズ部」が公開しているテーマです。バズ部はコンテンツマーケティングを得意としており、その中でWeb制作を代行するサービスも行っています。

そのため、SEOの内部対策がしっかりしているのが特徴です。また、サイト型とブログ型の二種類があり用途に応じて使い分けることができます。SEOを重視するサイトはXeoryがおすすめです。

Xeory

Luxeritas

Luxeritasは機能の多さと高速度を重視したテーマです。また、デザインも多いため、サイトの内容に適した外観を選ぶこともできます。特に、速度の高さはSEO対策として有効智言われています。

ユーザーにストレスなくサイトを閲覧してもらうのであれば、Luxeritasはおすすめです。

Luxeritas

WordPressで無料テーマを使うメリット

初期費用が低い

無料のテーマを使う最大のメリットは初期費用を抑えられる点です。Webサイトを解説するにあたり、レンタルサーバー代、ドメイン代などの費用がかかります。初期資金が低い人にとっては少しでも出費を抑えたいと思います。

そのため、初期にあまり費用を使いたくない人には無料テーマがおすすめです。ダウンロードしてサーバーにアップロードすればすぐに使えます。

有料級の機能をもつテーマもある

無料テーマは有料テーマに比べて機能が低いことが多いです。しかし、厳選すれば無料で公開されているものにも機能は有料級のものもあります。初期費用を抑えてかつ有料級の機能を持てば、サイト開設時に使うには十分です。

上で紹介した5つのサイトは有料級の機能を持っているといっても過言ではありません。

WordPressで無料テーマを使うデメリット

SEO対策が弱い

無料のテーマは有料のテーマに比べてSEO対策が弱い傾向があります。SEO対策には内部対策と外部対策があります。外部対策はページの内容によるものなので、あなたがサイトを作った際のコンテンツの有効性や利便性で判断されます。

しかし、内部対策はHTMLの構造などが関係しています。明確なことは公開されていませんが、クローラーの都合上、構造が重要な因子であることは間違えないと言われています。

無料テーマは有料テーマに比べて、作りこまれていないことが多いです。中には、無料でも有料級に作りこまれているテーマもあります。しかし、多くは有料テーマに比べてSEO対策に弱いです。

サポートが不十分

無料テーマはサポートがない場合が多いです。そのため、テーマの機能を十分に使うことができずに、かなり制限された使い方しかできないこともあります。機能を活かすにはプログラミングとWordPressの勉強が必須になります。

カスタマイズ性が低い

カスタマイズ性は有料テーマの方が格段にいいです。もちろん無料テーマの中にもカスタマイズ性が高いものもあります。しかし、有料テーマのほうがカスタマイズ性の高いテーマを公開していることが多いです。

サイトの見た目はユーザーの滞在時間に影響してきます。ECサイトでは滞在時間が長いほど、成約率が高いとも言われています。そのため、見た目が中身に合っていないと滞在時間が短くなる可能性が高いです。

テーマのカスタマイズ性が高ければ、中身に合わせた外観や機能を持たせることができます。

無料と有料どちらがいいか

有料と無料どちらが良いかはあなたの状態によると思います。集客力やカスタマイズ性を考慮するならば有料をおすすめします。有料テーマはサービスも充実しているため、初心者でも迷うことなく高機能に使いこなすことができるはずです。

しかし、初期資金が低く、見込みのない状態でリスクをおかせない人は無料テーマを選ぶことをおすすめします。ただし、無料テーマを使う以上は常に自分でWordPressの学習をしながら運営することを心掛けて下さい。

知識がないと無料テーマの良さを発揮することは難しいからです。また、プログラミングが分かるようになればアレンジは自由になります。アレンジが自由になればWeb上のテーマに頼ることなく自由にテーマを作れます。

有料でも無料でも最終的には自分でテーマを作れるようにプログラミングの勉強することは大切です。当サイトではWordPressのテーマを自作するための知識がたくさん紹介されています。ぜひ参考にして下さい。

学習方法の記事:WordPressの学習方法を解説!コードなしから自作テーマの作成まで

まとめ

おすすめするWordPressの無料テーマを4つ紹介しました。今回、紹介した4つは有料テーマにも劣らない機能やカスタマイズ性を持っています。もし、テーマに悩んでいるのであれば、4つの中から選ぶことをおすすめします。

しかし、本格的に収益化したり、集客したいのであれば有料テーマに移行するか、自分でテーマを作ることをおすすめします。特に自作は学習の時間がかかりますが、機能、デザイン、カスタマイズ性を自由にできるため、おすすめです。

無料テーマはWordPressの練習や小規模サイトの時に活用することをおすすめします。

SHARE