WordPress

WordPressを使うために必要なプログラミング言語と学習方法を解説

WordPressはコーポレートサイトやブログサイトなど幅広く用いられています。世界中の半数以上のサイトがWordPressが用いられていると言われています。多くに人が利用している理由として、初心者でも簡単に本格的なサイトが作れるからです。

WordPressではWeb上で公開されているテーマを使って、プログラミングやコーディングができない人でも簡単に本格的なサイトが作れます。しかし、Web上で公開されたテーマを使うと機能やカスタマイズが限定的です。

機能性やカスタマイズ性を上げるにはプログラミング言語を使ってテーマを作る必要があります。本記事では、WordPressを使うために必要なプログラミング言語と学習方法を解説します。

WordPressを使うために必要なプログラミング言語

HTML/CSS

HTML/CSSはWebページ上の文書や構造、見た目を作るための言語です。Webページを作成する上で最も基本となる言語です。後から紹介するJavaScriptやPHPはHTML/CSSを理解しなければ使うことはできません。

HTML/CSSでのみで構成されたサイトを静的なWebサイトと言います。静的なWebサイトとはページを移動しないと見た目が変わらないサイトのことです。JavaScriptを加えることで動的なサイトと言います。

余談ですが、HTML/CSSはプログラミング言語ではなく、マークアップ言語、スタイルシート言語と言われます。

JavaScript(jQuery)

JavaScriptはブラウザ上で動くプログラミング言語です。JavaScriptを使うことでWebページに動きをつけることができます。例えば、画像がスライドショーで変わったり、クリックしたら、文字や画像の表示非表示を切り替えることもできます。

Webページで特によく使うのがjQueryというJavaScriptのライブラリです。jQueryはDOM操作が得意です。JavaScriptに比べて短いコードで簡単にWebページに動きをつけることができます。

PHP

PHPはJavaScriptと違いサーバーサイドを操作するためのプログラミング言語です。WordPress自体はPHPで作られているため、PHPを使いこなすとWordPressの機能を自由に操作することができます。

PHPはWordPress以外ではECサイトを作ったりできます。Web系のプログラミング言語として知られており、Webアプリの制作で広く用いられています。

HTMLのコードの中に入れ込む形で書くので、HTML/CSSを学習した後に学習するとより分かりやすいです。また、コード自体も単純なため、初心者でも取り組みやすいのが特徴です。

SQL

SQLはプログラミング言語ではなく、データベースを操作するための言語になります。MySQLやMariaDBなどが知られています。WordPressは投稿記事毎に日付や文書、カテゴリーなどの情報をデータベースに保存されています。

PHPとSQLを用いてサーバー上のデータベースにアクセスして、記事のデータを呼び出して、表示させています。ダッシュボード上で操作するだけであればSQLを意識することはほとんどありません。

しかし、機能を付け加えていく上でデータベースの操作は必要になってくると思います。データベースの操作をするためには、SQLの知識が必要です。

WordPressに必要なプログラミング言語を学ぶ方法

Progate 

Progateはプログラミングをオンラインで学習できるサービスです。プログラミングに全く触れてこなかった人でも分かりやすいコンテンツです。一部無料ですが、すべての学習をするには月額1080円の有料プランにする必要があります。

スライド形式で初心者でも分かりやすく解説されています。また、ブラウザ上で実行できるのも初心者向きです。そのため、初心者でも挫折する確率が低いです。

環境構築はPCの扱いに慣れていない人にはとても難しいです。しかし、プログラミングを練習するためには環境構築が必要です。HTML/CSS、JavaScriptはブラウザとエディタがあれば簡単にできます。しかし、PHPとSQLは練習用に自分のPC上に環境を構築しなければならず、PHPやSQLは学習を始める準備段階で挫折する可能性が高いです。

Progateではブラウザ上でコードを動かせるため、環境構築が不要です。そのため、初心者でも簡単にプログラミングの学習ができます。

ただし、Progateは網羅的に分かりやすく解説している分、深い知識が得られません。Progateだけでは、プログラミング言語を理解しきれないので、終了次第他のコンテンツを使うことをおすすめします。

ドットインストール

ドットインストールもProgateと同様にオンラインでプログラミングを学習できるサービスです。Progateはスライド形式での解説でしたが、ドットインストールは2~3分程度の動画に分かれて解説されています。ドットインストールも一部無料でありますが、WordPressに必要なプログラミング言語を学ぼうと思えば、月額1080円かかります。

ドットインストールにはWordPressの学習コンテンツもあります。1~2hr程度でWordPressで1つのテーマを作るためのコンテンツになっており、プログラミング言語学習の前後に見ておくことをおすすめします。

ドットインストールはPC操作をある程度かじったことある人向けです。コンテンツ自体は初心者でも分かりやすいのですが、ドットインストールは練習環境を構築する必要があります。そのため、完全初心者には挫折するポイントがあります。

もちろん環境構築についての解説動画もあるので、不可能ではありません。しかし、最初はコードを書いて動くことを知った方が効率が上がるので、環境構築に自信がない人はProgateをやってから、ドットインストールを使うことがおすすめです。

Udemy

Udemyはプログラミングに限らず、ビジネスなどのスキル講座を販売しているサイトです。プログラミングに関する講座は多くあり、中にはWordPressに特化した講座もあります。

自分の学習したい内容に合わせて講座を選ぶことができるのが良いですが、質はピンキリなので、レビューなどを参考にしながら選ぶことをおすすめします。

入門本

入門本を使うのも学習としておすすめです。特に私がおすすめするのはProgate⇒ドットインストール⇒入門本の流れです。オンライン学習サービスではどうしても深堀されていない部分が多いです。その分は本の方がよく解説されていることが多いです。

しかし、初めから入門本にするとページの多さと文字の多さに圧倒されてしまい、自分が何をやっているかが分からなくなりがちです。Progateとドットインストールを先に学習しておけば、ある程度は分かっているので早く進められる、路頭に迷いにくいという効果が得られます。

それぞれの言語に対して数多くの入門本があります。しかし、ほとんど似たり寄ったりなので、自分で手に取って分かりやすいと思ったものを選ぶことをおすすめします。特に、Progateとドットインストールをやった人はどれをとってもほぼ間違いないです。

まとめ

WordPressで使うプログラミング言語はHTML/CSS、JavaScript、PHP、SQLです。プログラミング言語を習得すれば、自分の思い通りの機能とレイアウトのWebサイトを作ることが可能です。

しかし、学習には最短でも半年は必要だと思います。最初はWeb上で公開されているテーマを使い、カスタマイズしながら、「こうしたい」「ああいう機能が欲しい」などのアイデアを溜めましょう。そして、プログラミングの学習も並行し、改良していくことで効率的に学習できます。

ある程度自信が付いたら、イチから作成することをおすすめします。