WordPress

WordPressでランディングページ(LP)を作る方法【テーマ・プラグイン】

ランディングページ(LP)とは検索結果や広告ページからユーザーが訪れるページのことをいいます。ランディングページには多くの情報を載せられており、ページレイアウトが大切です。見やすいページだとコンバージョン率を上げることもできます。

ランディングページを作る上で便利なCMSがWordPressです。コーディングができなくても見やすいページを作ることができる便利なツールです。

本記事ではWordPressでLPを作る方法を解説します。また、LPを作る際の注意点についても解説するので、今からLPを作成使用としている人は参考にしてみて下さい。

WordPressではLPを固定ページで作る

WordPressでLPを作る際には固定ページで作ることをおすすめします。WordPressには投稿ページと固定ページがあります。固定ページはカテゴリー分類や時系列データがないなど独立したページです。

LPは常に同じページあった方が、アクセスも集まりやすいため、固定ページで作ることをおすすめします。LPとしてよく使われるフロントページの作り方については下記の記事でも紹介しているので参考にして下さい。

WordPressでフロントページを設定するための方法を解説

WordPressでLPを作る方法

WordPress内のテーマで作る

WordPressの公式ページで硬化されているテーマを利用してLPを使う方法があります。公式ページやダッシュボードからダウンロードして使用できるので、初心者にも簡単です。

下のページからどんなものがあるか確認してください。

WordPress テーマ

手軽な反面、カスタマイズ性は低いです。また、SEO対策もあまりされていないため、LPとして使うには不便だと思います。試しに使ってみるという場合に利用するのがいいと思います。慣れたWeb上で公開されているテーマを選ぶことをおすすめします。

Web上で公開されているテーマを使う

Web上で公開されているテーマを使う方法もあります。様々な方がWordPressのテーマのテンプレートを公開しています。質はピンからキリまでありますが、SEOをまだ勉強していない方はWebページ上で公開されている有料テーマを使うことをおすすめします。

SEOに有利なテーマを選ぶ際に気をつけるのは、読み込み速度、レスポンシブ対応、内部対策を注目します。他にもたくさんありますが、初心者の内は3点を押さえておくことをおすすめします。

SEO対策がされたおすすめのテーマを下に挙げますので、参考にしてください。

無料

  • Lightning
  • Xeory Base
  • Xeory Extension

有料

  • THE THOR
  • ALBATROS
  • Emanon Pro

LP作成用のプラグインを使う

Webページ上で自分の使いたいテーマがない場合にはプラグインを使うのがおすすめです。簡単な操作で作成できる上に、使用中のテーマのデザインを崩すこともありません。テーマとプラグインの相性が問題となるため、互換性確認をしてから使用することをおすすめします。

おすすめのプラグインを下に挙げているので参考にしてみてください。

  • Elementor Page Builder
  • Landing Page Builder
  • Divi

自作する

テーマを自作してLPを作ることも可能です。自作すれば自由度が高く、自分の思い通りの機能をつけることができます。コードも簡単に書き換えることができるため、カスタマイズ性がとても高いです。

一方で、作成に時間がかかる、HTML/CSS,JavaScript,PHPなどのプログラミングなどの知識も必要です。また、SEOの内部対策の知識も必要となるため、学習内容が多岐に渡ります。

しかし、一度勉強すれば、ずっと使える知識です。始めはダウンロードしたテーマやプラグインを使い、運用しながら勉強しておくことをおすすめします。

自作するためには固定ページを自作する必要があります。下の記事に固定ページの作り方を解説しているので、確認してみてください。

WordPressで固定ページのテンプレートを作成する方法を解説

LPを作る際の注意点

ユーザーを具体化する

LPを作るときにはユーザーを具体化することを意識します。ペルソナを意識するといろんなページで書かれています。どんな人があなたのページを見て、商品やサービスを欲しがるかを具体化することで、ページの作り方が変わるからです。

例えば、年齢や性別に加えて、どんな性格、出身地はどこかなど商品やサービスを買ってくれそうな1人を作ります。作った1人が自分の商品を買うとしたら、どんなページで、文章を書けばいいのかというのを追求します。

LPは成約率を上げるのが目的なので、しっかりとユーザーを意識することをおすすめします。

見た目に気を遣う

作成するページは見た目に気を使う方がいいです。画像の大きさ一つとっても他の画像と変にサイズが違ったり、ずれたりしていないかを確認します。細かい見た目に気を使わないと、ユーザーに不信感を抱かれやすくなります。

1ページでクロージングまでいく

LPは1ページでクロージングまで行くことが理想です。リンクを飛んだり、戻ったりするのは手間ですよね。その間に商品やサービスの購入意欲が下がってしまっては意味がありません。

1ページに必要な情報をまとめ、クロージングまで行くようにすることをおすすめします。

まとめ

LPは商品やサービスの販売のために作られるケースが多いです。そのため、SEO対策やデザインが大切です。テーマの作り方や内部対策など求められることは多いです。WordPressのテーマやプラグインを使えば、SEO対策をされているテンプレートが簡単に入手可能です。

しかし、カスタマイズ性が低いため、あなたの商品やサービスにあったページを作るためには自作することをおすすめします。必要な知識は多いですが、本ブログでも解説していくので、ぜひ挑戦することをおすすめします。