WordPress

WordPressでオリジナルテーマを作る方法とメリット、学習法を解説

WordPressは世界中で使われているCMSです。コーディングやプログラミングの知識が無くても簡単に本格的なWebページが作れるため、人気があります。インターネット上で公開されている「テーマ」をダウンロードして、サーバーにアップロードすれば初心者でも簡単にデザイン性の高いサイトが作れます。

しかし、オリジナリティのあるサイトを作るためにはオリジナルのテーマを作る必要があります。オリジナルのテーマを作れれば、自分でいつでも自由にカスタマイズができるサイトを作ることが可能です。

本記事ではWordPRessでオリジナルのテーマを作る方法とメリット、学習法を解説します。

WordPressのオリジナルテーマを作る方法

必要最低限のファイルを作る

WordPressで最低限のファイルは「index.php」と「style.css」です。空のファイルでいいので、まずこの二つを作ります。もう一つ「functions.php」というファイルも作成しておきます。

index.phpは表示するページ、style.cssはページのレイアウト、functions.phpはページに実装する機能をまとめるページです。

HTML/CSSなどででページを作る

次にHTML/CSSで静的なページを作成します。この時はHTMLファイルで作成してください。また、CSSはページ全てを1つのCSSファイルにまとめたほうが管理しやすいので上で作成したstyle.cssにまとめることをおすすめします。ただし、あまり大きすぎる場合は分けた方がいいと思います。

また、HTML/CSSに限らず、必要な機能はJavaScriptやjQueryを用いて作成してください。

フォルダツリーは実際のサーバーを想定してファイルを作ることをおすすめします。

PHPファイルに変換する

上記で作ったHTMLファイルをPHPファイルに変換します。手順は簡単で、拡張子をhtmlからphpに変換します。この際に注意してほしいのはCSSとJavaScriptの読み込みのコードです。WordPressは読み込み用のコードが決められています。

  • CSS:<link rel=”stylesheet” href=”<?php echo get_stylesheet_uri(); ?>” type=”text/css” />
  • JavaScript:<script src=”<?php echo get_template_directory_uri() ?>test.js” type=”text/javaScript” charset=”utf-8″></script>

FTPソフトでサーバーにアップロードする

最後に作成したファイルをFTPソフトを使ってサーバーにアップロードします。テーマを入れるためのフォルダの場所は「wp-contents⇒theme」の中にテーマ名のフォルダを作って、その中に入れます。

あとはダッシュボード上で外観⇒テーマエディタで自作したテーマが有効化できればテーマの完成です。

WordPressでオリジナルテーマを作るメリット

カスタマイズ性が高い

オリジナルのテーマは既存のテーマに比べてカスタマイズ性が高いです。自分の考えるレイアウトや自分の欲しい機能を自分で作るため、カスタマイズがしやすいです。また、コードも自分で書くため、変更すればいい箇所もすぐに自分で分かります。

既存のテーマは多くの人にダウンロードしてもらうために汎用性が高いのが特徴です。そのため、簡単なアレンジはできるものの、大きなレイアウト変更はできません。そのため、オリジナリティに欠けるデザインとなりやすいです。

オリジナルテーマは自分で書いたコードのためメンテナンスもしやすいです。コードの修正、追加を反映するまでの時間が短いです。

サーバーの負荷を最低限にする

オリジナルのテーマはサーバーの負荷を最低限にすることができます。なぜなら、オリジナルのテーマは自分に必要な最低限の機能のみを実装すればいいので、不要なコードがありません。そのため、動作も最低限で、ファイルが軽くなります。

SEO対策では表示までの速度が重要視されます。動作の数が多い、ファイルが重いと表示までの速度が遅くなります。そのため、不要な機能が多いとSEO的には不利に働きます。。最低限の機能をブラッシュアップすれば、速度が上がり、SEOに少しでも有利になります。

WordPressでオリジナルテーマを作るデメリット

完成まで時間がかかる

オリジナルのテーマを作ると完成までに時間がかかります。自分でコードを書く必要があるため、大きなページであれば一か月以上かかることもあります。すぐにWebサイトを作ってサービスや製品の販売をしたい人には機会損失になります。

また、プログラミングの知識がなければ、知識の習得にも時間がかかります。WordPressをしっかり勉強しようと思えば最低でも3ヶ月は必要だと考えます。知識の習得に3ヶ月、サイト解説に1ヶ月かかっていては4ヶ月分が損失となります。

そのため、オリジナルのテーマを作るまではWeb上で公開されているテーマを利用して、完成したら切り替えるのがおすすめです。学習時間をしっかりとって使えるようになったらオリジナルテーマに切り替えれば、機会損失も少なくなります。

SEOの知識がないと上位検索が難しい

オリジナルでテーマを作るとSEO対策を自分でやらなけないため、SEOの知識がないと上位検索が難しいです。特に、内部構造についてはコードの書き方が重要になるので、要素の構成をしっかり理解していなければいけません。

プラグインを使えばある程度は適正化されます。しかし、元の構造がSEO内部対策ができていなければいけません。

そのため、公開までにSEOに関する知識も学習しなければいけませんので、公開時期が遅くなり、機会損失が生まれます。もちろん公開してから勉強をしてもいいですが、ドメインへの影響を考えると最初に適正化しておくほうがおすすめです。

WordPressでオリジナルテーマを作るために必要な知識

オリジナルテーマを作るために必要な知識はHTMLやCSS、JavaScript、PHPの知識が必要になります。HTML/CSS、JavaScriptはフロントエンドとしてページの表示や機能を作るために必要になります。

WordPress自体がPHPで作成されているために、WordPressを動かすためにはPHPの知識が必要になります。PHPはサーバーサイドを操作するために使います。PHPはデータベースの情報を操作します。記事の追加やテンプレートの呼び出しのために必要です。

他にも、データベース操作やWordPress独自のルール(テンプレート階層など)、SEO対策の知識も必要です。

オリジナルテーマを作るための学習法

Progate

Progateはプログラミングをオンラインで学習できるサービスです。HTML/CSS、JavaScript、jQuery、PHP、SQLを月額1080円で学習することができます。分かりやすいスライドとすぐにアウトプットができる環境で初心者におすすめのサービスです。

WordPressをやるためには不十分なサービスですが、WordPressを使うために必要なプログラミングの基礎知識をつけるためには十分です。特に、環境構築が不要のため、初心者が初めてプログラミングを勉強するためにはおすすめです。

3ヶ月もあれば、WordPressに必要な知識を身につけることができます。コーディング、プログラミングが初めての人はまずProgateから始めることをおすすめします。学習の順番は、HTML/CSS⇒JavaScript⇒jQuery⇒SQL⇒PHPです。

ドットインストール

ドットインストールもプログラミングをオンラインで学習できるサービスです。HTML/CSS、JavaScript、jQuery、PHP、SQLだけでなくWordPressでテーマを作る方法も学習できます。WordPressの専門コースがあるのがおすすめのポイントです。ドットインストールも月額1080円でサービスの利用が可能です。

ドットインストールは1本が2~3分ほどの動画で、スキマ時間での学習にもおすすめです。しかし、Progateとは違いアウトプット環境を自分のPC上に作らなければいけません。環境構築が初心者には難しいと感じることがあると思います。ただし、環境構築の解説動画もあるので、参考にしたら問題なく進めることができると思います。

PCの知識がある人ならばProgateを飛ばしてドットインストールから始めてもいいと思います。

YouTube

YouTubeでもコーディングやプログラミングを解説している動画があります。練習環境を自分で構築する必要があるため、初心者には難しいかもしれませんが、有料級の学習コンテンツもあるため、一度YouTubeで学習したいコンテンツを検索することはおすすめです。

YouTubeの質は動画によって違うため、1.5倍速や2倍速で動画を再生して、自分の求めているものかどうかを見極めることをおすすめします。長いものでは1時間を超えるので、最初の10分ほどを2倍速で見て欲しい情報でなければ、別の動画に切り替えます。

自分にとって必要な情報を見つけるのに時間はかかりますが、無料であるため、最初にさわりだけをやるならばYouTubeがおすすめです。

Udemy

Udemyはビジネスに役立つスキルや情報を販売しているサービスです。様々な人があらゆる分野のスキルを公開しています。そのなかに、プログラミングやWordPressに関するコンテンツがあります。

おすすめのコースは「WordPress開発マスターコース」です。WordPressでオリジナルのテーマを作るための学習動画になっており、初心者でも分かりやすいです。普段であれば、24,000円で販売していますが、セールの時期であれば2,000円で購入できます。

WordPress開発マスターコース

まとめ

WordPressでオリジナルテーマが作れれば、デザインやカスタマイズの自由度が上がるので、特徴を出したWebサイトを作ることが可能です。

しかし、WordPressのテーマをオリジナルで作るためにはプログラミングの知識が不可欠です。そのため、今までプログラミングに触れていない人がいきなりオリジナルのテーマを作るには時間がかかります。

まず、始めはインターネット上で公開されているテーマでサイトを運営しながら学習することをおすすめします。また、使っているテーマのコードを書き換えながらやることで運営と学習を同時にすることが可能です。

いきなり、白紙からせずに既存のテーマの改造をしながら、オリジナルのテーマの構想を作れば効率的になると思いますので、ぜひ試してみてください。