WordPress

WordPressを使いこなすために必要なプログラミング言語を解説

WordPressは世界中で最も使われているCMSです。カスタム性が高く、無料で使えることから非常に人気が高いです。Webページを作ろうと思ったことがある人なら一度は聞いたことがあると思います。

誰でも簡単に使えるWordPressですが、使いこなすにはプログラミング言語を理解している必要があります。本記事はWordPressを使いこなすために必要なプログラミング言語を紹介します。

WordPressに必要なプログラミング言語

HTML/CSS

HTML/CSSはWebサイトの構造と見た目を整える言語です。正確にはプログラミング言語ではなく、マークアップ言語と言われます。インターネット上で使われているWebサイトは全てHTMLで書かれています。

初心者でもすぐに理解できるため、1週間もあれば簡単なWebサイトを作れるようになれます。いろんなサイトを見て、HTML/CSSはどう書かれているかを想像できたら、十分です。

コードの正解は開発者ツールで確認できます。Windowsでは「ctrl」+「shift」+「i」で呼び出せます。 

JavaScript

JavaScriptはフロントエンドで使われるプログラミング言語として幅広く使われています。Webページに動きをつけるために使われています。フレームワークが充実しており、慣れれば簡単に高機能なWebページを作れます。

特にjQueryは頻繁に使われるので、JavaScriptを学習する際には一緒にやりましょう。最近ではReactも人気を集めていますが、WordPressをやる上では使われることは少ないので、興味があったら学習してもいいと思います。

PHP

PHPは動的なWebページを生成するためのプログラミング言語です。サーバーサイドのスクリプト言語としては比較的簡単であり、HTML中に書き込むことからイメージを持ちやすいです。初心者がサーバーサイドの言語を習得するのに始めやすい言語です。

WordPressはPHP形式でWebページのファイルを用意する必要があるため、PHPの知識は欠かせません。

SQL

SQLはデータベースを操作するための言語です。投稿した記事やコメント情報などはデータベースに保存されます。そのため、記事の呼び出しにはデータベースの知識が必要です。mysqlやMariaDBなどでデータベースの操作を覚えることをおすすめします。

プログラミング言語を学習する方法

Progate

初心者がプログラミングを勉強するのに一番おすすめなのがProgateです。Progateはブラウザ上でコードを書きながら学習ができるオンラインサービスです。分かりやすいスライドで要点に絞った解説がされいてます。

月額1080円でHTML/CSS、JavaScript、jQUery、PHP、SQLの全ての言語を学ぶことができます。全てを学ぼうと思ったら、本でも5000円ほどの料金がかかるため、お得です。一方で、基礎的な内容に特化しているため、WordPressを勉強するためには別途勉強する必要があります。

初めてプログラミングをする人がまずやるべき学習コンテンツです。

Udemy

Udemyは動画で学べるオンラインの学習コンテンツです。プログラミングに限らず、様々な学習コンテンツが用意されています。自分の学習したいコースを選んで、動画で学んでいきます。

Progateに比べて、専門性の高いコースも多いです。また、初学者からWeb制作ができるようになるまでのコンテンツもあり、WordPressを始めるならおすすめです。ただし、質の低いコンテンツもあるので、レビューなども参考にしましょう。

値段はコースによって様々です。しかし、月に1回ほどセールをやっているので、その際には3000円ほどでコンテンツを購入できます。WordPressを学ぶ上でおすすめのコースを紹介するので、参考にして下さい。

ウェブ開発入門完全攻略コース – HTML/CSS/JavaScript. プログラミングをはじめて学び創れる人へ!

本を使った学習もおすすめです。オンラインサービスでは分かりやすさを重視した結果深い知識が飛ばされることも少なくありません。一方、本では深く書かれています。特にオンラインサービスで一通りを理解していれば本の知識は入ってきやすくなります。

技術書となると1冊2000円以上となりますが、各言語について一冊は入門書を持っておくことをおすすめします。おすすめの書籍は下に挙げているので、参考にしてみて下さい。

プログラミングスクール

お金に余裕があり、手っ取り早くスキルを身に着けたいのであればプログラミングスクールがおすすめです。費用として20万円~かかりますが、わからないところがあればすぐに聞けるやエラーが解決できず挫折するということはありません。

一方で、プログラミングスクールは自分で調べるということが身に付きません。初期の段階からわからなければ、誰かに頼ればいいとなると実案件で挫折しかねないため、注意が必要です。

スクールに通っているからと言って慢心せず、常に向上心を持って、スクールに通うことをおすすめします。

WordPressはプログラミングの知識は不要

使うだけならばプログラミングの知識は不要

WordPressを使う上で、プログラミングの知識は不要です。ネット上に様々なテンプレートテーマがあるため、自分の気に入った物をダウンロードして使えば、プログラミングの知識があれば、使うことができます。

ダッシュボード上でカスタマイズもできるため、プログラミングなしでもある程度であれば見た目を操作することもできます。しかし、あくまで基本となるテンプレートから大幅な変更はプログラミングなしではできません。

知識があると自分の思い通りのサイトが作れる

WordPressで自分の思い通りにサイトを作りたいのであれば、プログラミングの知識は不可欠です。ダウンロードしたテーマではカスタマイズの範囲が狭くなります。しかし、自分でコードを書けるようになれば、どんなアイデアでも達成できます

WordPressはプログラミングの知識が無くても使えるのがメリットです。一方で、プログラミングができれば、自分の思い通りのサイトを簡単に作れるというメリットもあります。これからWordPressを始めようとする人はプログラミングを覚えながら使っていくことをおすすめします。

まとめ

WordPressを使いこなすために必要なプログラミング言語について解説しました。WordPressはプログラミングができなくても、ネット上に公開されているテンプレートテーマをダウンロードすれば使えます。

しかし、オリジナリティの高いWebサイトを作ろうと思えばプログラミングの知識が必要です。HTML/CSS、JavaScript、PHP、SQLをマスターして、WordPressを使いこなすことができれば、どんなWebサイトでも作れるようになります。

ぜひ学習をしてみてください。