WordPress

【初心者必見】WordPressでテーマをインストールする方法を解説

WordPressは世界中のWebサイトで使用されています。

本来であればJavaScriptやPHP、Rubyといったプログラミング言語を使用して実装する機能も、WordPressであれば専門的な知識を必要とせず高機能なサイトを作ることができます。

Webページを整える言語であるCSSがわからなくても、整ったデザインのサイトを作れることも人気の理由です。なぜCSSがわからなくてもデザイン性の高いサイトを作れるかというとWordPressにはテーマが豊富だからです。

本記事ではWordPressのテーマのインストールする方法を解説します。選び方も解説しているので参考にしてください。

WordPressのテーマをインストールする方法

ダッシュボードからインストールする

WordPressのテーマをダッシュボードからインストールするには「外観」⇒「テーマ」を選択します。下記の画面になりますので、新規追加をクリックしましょう(下図赤枠)。様々な種類のテーマが表示されます。

気になるテーマの上にオンマウスし、「詳細&プレビュー」を押せば、中身が確認できます。そして、右下にあるインストールを押せばインストールされます。

インストールができたら、「有効化」を押せば、テーマを利用できます。

FTPソフトを用いてテーマをインストールする

WordPressのテーマが入ったファイルをFTPソフトを使って入れることで使用することができます。WordPressの公式ページやCocoonやLightningといったサイトからテーマファイルをダウンロードしてファイルをWordPressの「wp-content」⇒「themes」というファイルに入れることでテーマを使うことができます。

あとはダッシュボードからインストールした場合と同じように有効化すれば使用可能になります。

テーマを選ぶ際のポイント

有料か無料か

WordPressのテーマを選ぶ際には有料か無料かを確認することをおすすめします。無料テーマでも良質なものはありますが、有料の方が使いやすかったりデザインの幅が広いことが多いからです。しかし、有料でも無料以下のものもあります。

なので、まずは無料のテーマをいろいろ試してみることをおすすめします。試しているうちに気に入ったものがあれば、無料のテーマを使っていくことをおすすめします。見つからなかったり、より使いやすい機能を求めるなら有料テーマを試すことがいいと思います。

有料テーマを使う際は評判やダミーを確認することをおすすめします。

機能が最適か

機能はあなたの作りたいサイトに合わせたものを選ぶことをおすすめします。目的に合わせた機能を持っていなければ、意味がありません。ただし、ダッシュボードからインストールする場合は事前に機能を確認できないので使ってみながら確認しましょう。

WordPRessの機能が最適かを判断するためにはサイトを作ると決めたときに全体像を作って置くことをおすすめします。ページのどこでどんなことをしたいかを決めることで必要な機能が見つかっていきます。

レスポンシブデザイン対応か

昨今はスマホが普及してきたことで、Webページを狭い画面でみることがおおくなりました。そのため、テーマをインストールする際にはレスポンシブデザインであることは必ず確認するべきだと考えます。

対応しているだけではなく、狭い画面で見たときに見やすいかどうかも重要です。見にくい画面だと中々ユーザーに見てもらうことができません。

SEO対策がされているか

集客を目的としたWebページを作るのであれば特に気にするべきです。SEOには内部対策と外部対策があります。HTMLの構造はSEOの内部対策として重要です。WordPress内のプラグインだけでは不十分な部分を補ってもくれます。

HTMLやSEOの知識があれば、自分で構成することは可能です。しかし、勉強することが多くなるため、時間が取れない人はSEO対策がされたテーマをインストールすることをおすすめします。。

おすすめのテーマ

WordPressの無料テーマ

WordPressのダッシュボードからインストールできるテーマもありますが、ここではインターネット上で公開されているおすすめのテーマを紹介します。

紹介した2つは下手な有料テーマよりも使いやすく、初心者でコストを書けれない人にはおすすめです。

WordPressの有料テーマ

有料版は機能の高いものが多いですが、無料で紹介したCocoonやLightningの方がいいというものもあります。判断が難しいですが、注意すべき項目はSEO対策と機能の部分です。その二点について具体的なことが書いているかが大切です。

しかし、知識がないと書かれていることが正しいかの判断ができないので、最初は無料版で運用しながら、SEOやWordPressを勉強することをおすすめします。そして、コストを書けれるのであれば、有料版を検討する方がいいと思います。

有料テーマのおすすめサイトは以下に挙げています。

プログラミングができるならテーマを自作する

WordPressでは自分でテーマを作ることができます。必要な言語はHTML/CSS、PHP、JavaScript、SQLです。公開されているテーマはプラグインを使うことでデザインを変えれますが、元のテーマを完全にカスタマイズすることは難しいでしょう。

オリジナリティのあるWebサイトを作るならば自分でテーマを作ることをおすすめします。プログラミング言語を学習する方法は下の記事にまとめているので参考にしてください。

WordPressを使いこなすために必要なプログラミング言語を解説

まとめ

WordPressのテーマをインストールする方法を解説しました。

使いたいテーマがあれば積極的に使っていくことをおすすめします。また、カスタマイズしながら、オリジナリティを出すのも良いと思います。

もし、公開されているテーマでは満足しない場合は自分でテーマを作れるようにプログラミングの勉強をすることをおすすめします。

自分で作るので当然無料ですし、Web制作の案件も取れるようになるため、非常にお勧めです。