【WordPressとWix】メリット・デメリット比較&要点解説

【WordPressとWix】メリット・デメリット比較&要点解説
【WordPressとWix】メリット・デメリット比較&要点解説

WordPressとWixはどちらもwebサイトを制作するためにとても便利なツールです。

「WordPressで作っておけば間違いないと聞くし…」と、適当に選ぼうとしていませんか?

今回の記事では、なんとなくweb制作をして後から困ったことにならないためにも、WordPressとWixを比較して、それぞれのメリットとデメリットについて要点をまとめました。

ご自身の目的に合ったwebサイトを制作するためには双方のメリット・デメリットについて最低限押さえておきましょう。

WordPressとWixを比較して分かった12の違い

WordPressとWix両者を比較してみると、どちらにもメリットデメリットがありますが、ニーズによってうまく使い分けることができるということでもあります。

(細かい違いは下記以外にもありますので、それぞれの公式サイトをご参照ください。)

WordPress公式:https://wordpress.com/ja

Wix公式:https://ja.wix.com/

WordPress比較ポイントWix
サーバーにインストール作り方Wix上に作成
サーバー・ドメイン代がかかる費用0円~有料プラン
知識があれば自由にデザイン可デザイン性直感的に高デザインを実現可
ほとんどGoogle上の情報のみサポートWix社がサポート
難しくはないが、慣れが必要操作性素人でもドラッグ&ドロップで操作可
独自ドメイン(基本有料)ドメイン独自ドメインは有料プランのみ
プラグインで対応可SEO対策弱いと言われていたが改善傾向
なしサイト内広告無料プランはあり
バックアップ不可
プラグイン等で対応可ネットショップ有料プランで可能
更新が簡単ブログカテゴリー作成がやや面倒
約62%シェア約2%
WordPressとWixの比較

WordPressとWixでは違いが多々ありますが、次の章ではそれぞれのメリット、デメリットで代表的なものに焦点を当てて解説します。

WordPressのメリット

  • ブログ機能が充実

WordPressはブログ投稿がメインと言って過言でないほど、ブログ機能が充実しています。投稿も容易で操作を覚えれば、難しい知識を要しません。アフィリエイトブログを運用したい人向けの、集客に強いテーマを使うことでブログを使った集客も可能です。

  • 広告が表示されない

WordPressはサーバーをレンタルし、ドメインを取得して初めて使用することが可能です。そのため広告が表示されることがありません。また、かつてはサーバーにインストールをするという作業が難しいと感じる方も多かったようですが、現在はConoHa WINGのようにWordPressのインストールまでを自動設定で行ってくれるレンタルサーバーも登場しています。

  • カスタマイズ性が高い

HTMLやCSSといったweb知識があればWordPressのカスタマイズは無限であると言ってもよいでしょう。web知識がない場合でも、テーマを使用することで好みのデザインにすることが可能です。

WordPressのデメリット

  • カスタマイズに知識が必要

カスタマイズは自由自在ですが、正確な知識が必要です。また、数日学習したからと言ってすぐにサイトに反映できるようなものでもありません。レンタルサーバーなどは無料お試し期間などを設けているものもありますので、そういったものを利用してご自身で使えそうかどうかを試してみてもよいかもしれません。

  • 操作に慣れるまで時間がかかる

これは人によりますが、Wixと異なり直感的な操作はあまりできないため、慣れるまでに時間を要することもあります。分からない部分についても公式のサポートで個々のケースに対応することは難しいので、ネット上の情報を元に自力で解決しなければなりません。

  • サーバー・ドメインは自分で取得

WordPressは無料でできると記載されているのを見たことがあるかもしれませんが、これは半分本当で半分嘘です。サーバーをレンタルし、月額料金を支払う必要があります。またドメインと言って、サイトのアドレスの購入もしなければなりません。

両方を併せても初心者が個人運用するサイトであれば、月々の支払いは1000円未満で収まることがほとんどです。ConoHa WINGエックスサーバーのように、独自ドメインを無料で契約できるレンタルサーバーもあます。

Wixのメリット

  • 完全無料で始められる

WixはWixのサブドメインでサイトを作成する分には無料で開設することができます。もちろん有料機能には劣りますが、趣味で情報発信をしたい方などには十分な機能がそろっています。

  • 知識がなくてもデザイン性の高いサイトができる

知識がなくてもおしゃれでデザイン性の高いサイトが制作できるのがWixの売りの一つです。直感的にドラッグ&ドロップでデザインのカスタマイズが可能なので、初心者やwebの知識が乏しい方にも親しみやすい操作性になっています。

  • ネットショップ運営ができる

ネットショップを運営する場合、WordPressであればプラグインで機能を拡張するなどの作業が必要ですが、Wixではサイト作成から決済方法の設定までをワンストップで可能なのが便利です。SNSで集客し、WixでつくったECサイトで販売をするのであれば、十分に活用できるでしょう。ただし、ネットショップの運営には月額1800円以上のビジネスプランを利用する必要があります。

Wixのデメリット

  • 無料範囲だと広告が入る

無料プランの場合、広告が入ったり、独自ドメインを使えないといった致命的な欠点もありますので、無料プランはあくまでもお試しの範囲内で使ってみるのがよいのではないでしょうか。ビジネスで使う場合は無料プランはおすすめできません。

  • SEO対策が難しい

SEO対策が難しく、ブログには向かないと従来はあまり評判がよくありませんでしたが、Wixの対応も進み、SEO対策に関しては改善傾向にあるようです。しかし、HTMLやCSSでサイトの細部にもSEO施策が打てるWordPressに比べ、細やかなSEO対策は難しいと言えるでしょう。

  • ブログ画面が更新しにくい

ブログは情報発信のためには更新しやすいほうがいいです。しかし、Wixではサイトを1ページずつ作っていくため、カテゴリーなどの階層をつけると少し手間がかかる印象です。

まとめ:集客したいならWordPress、名刺代わりならWix

WordPress、Wixの違いや特徴についてお分かりいただけましたでしょうか。

ざっくりとまとめると、集客を考えるならWordPress、名詞代わりにサイトを見せたり集客は別で考えるならWixと使い分けるのがよいでしょう。

ただし、作り方が全く異なるので、後々ブログやサイトのデザインを丸ごと引っ越しするのは難しいです。最終的にどういったサイトを目指すのかをしっかり考えた上で、どちらのサービスを使って開設するかを決めることをおすすめします。

関連記事:【初心者必見】コーディングなしでもOK!WordPressの始め方を解説 ではWordPressのサーバーやドメインの設定を画像付きで解説しています。

SHARE